旧アドオンの引き継ぎ方法

シフト勤務カレンダーver 3.0以降では、以前アドオンとして提供していた追加機能は、プレミアムプランにご加入いただくことにより、利用できるように変更されました。

しかし、もともと旧バージョンで購入したアドオンに対応する機能については、プレミアムプランに加入しなくても、引き続きご利用いただけます。

対象は、以下のアドオンです。

  • 広告削除
  • 複数ユーザー
  • iPhoneカレンダー連携
    • Googleカレンダー連携

引き継ぎ方法

無料版のアップデートの場合

メニュー > プレミアムプラン > 右上の「購入情報を復元する」をタップして、購入情報を復元してください。

有料版から移行する場合

現在は販売を終了した有料版をご購入いただき、アドオンも使用していた場合は、以下の手順で引き継ぎが行えます。

引き継ぐには、旧有料版で先にiCloudにバックアップを保存しておき、それを新バージョンで読み込みます。この時、アドオンの利用情報も引き継がれます。

旧有料版での操作

  1. その他を開く
  2. 「データのバックアップ」をタップ

※バックアップ時に、アドオンが有効になっている必要があります。再インストールしたあとなどは、アドオンの復元を先に行ってください。

新バージョン(本アプリ)での操作

  1. メニューを開く
  2. 設定を開く
  3. データ管理を開く
  4. 「旧バージョンのデータから復元」をタップ

注意点

復元を行う場合は、購入した時と同じApple IDで、App Storeにログインする必要があります。復元ができない場合は、Apple IDをご確認ください。

有料版からデータを引き継ぐ場合は、iCloudにバックアップデータを保存します。そのため、シフカレがiCloudを利用できる必要があります。無効になっている場合は、以下の方法で、iCloud の利用を有効にしてください。

iPhoneの設定アプリ > iCloud > iCloud Drive > アプリの一覧の中で、シフカレをオン。

iCloudへのデータバックアップ機能は、ver 2.9.12以降のバージョンで利用できます。

今後のアップデートで追加された機能については、プレミアムプランに加入しないと利用できない機能もあります。

iPhoneカレンダー連携、Googleカレンダー連携の設定情報は引き継がれませんので、新バージョンで、再設定してください。

旧バージョンででバックアップを行うときに、アドオンが有効になっていないと、復元時に引き継げません。有効になっていない場合は、アドオンの復元を行ってから、バックアップを取ってください。